知覚過敏の予防|歯が染みる原因!知覚過敏の治し方を知っておこう

知覚過敏にならないためにやっておきたいこと

歯科.com

日常生活でケアを行う

知覚過敏になってしまう前に日々の生活を見直してみませんか?日常生活で普段から歯をケアすることで知覚過敏だけでなく、歯周病の予防にもなります。綺麗な歯の状態を保つ為に、予防方法を知っておきましょう。

歯磨きで気を付けるポイント

no.1

力を入れない

歯を磨くときに一番気を付けないといけないのは、歯を磨く時の力加減です。あまり力強くごしごししていると汚れを落とす前に、ブラシの方が負けてしまって毛先が曲がってしまいます。また、力強く歯磨きをすることで歯のエナメル質を削ってしまう原因にもなります。

no.2

歯磨き粉は適量に

市販で販売されている歯磨き粉には、発泡剤やミントなどの清涼剤が添加されています。そのため、多く歯磨き粉を付けることで泡立ちが良く清涼感が広がりますが、実はあまり綺麗に磨けていないのです。ですから、歯磨きを行なう時は適切な量の歯磨き粉を使いましょう。

no.3

磨いた後のうがい

歯を磨いた後に何度もうがいをしていませんか?歯を磨いた後、口の中には、歯磨き粉の有効成分が沢山あります。しかし、必要以上にうがいすることによって、有効な成分まで出してしまうので歯磨きをする際はうがいの仕方に注意しましょう。ベストな量でいえば、20ccぐらいの水が理想的になります。

no.4

歯ブラシだけで磨く

一般的に歯磨きといえば、歯ブラシを使うだけですが、それだけでは予防にはならないので気を付けましょう。歯を綺麗にする為には、歯ブラシと歯間ブラシで徹底的に歯と歯の間を磨くことを心掛けましょう。また、デンタルフロスは歯垢を簡単にとることができるのでおすすめです。

no.5

歯磨きは食後に

歯を綺麗な状態で保ちたいならば、歯磨きのタイミングも知っておくといいでしょう。一般的に歯磨きは朝と夜の二回だけで歯磨きを終える人が多いです。しかし、口に残っている食べかすを栄養源として細菌は増えるので、食べた後、歯磨きをすることが理想的です。

知覚過敏の予防

男性

正しい歯磨きを行う

知覚過敏に限らずに歯周病や虫歯の原因にもなりえるのが、間違っている歯磨きの仕方です。逆に、正しい歯磨きを実践すれば、知覚過敏の予防にもなります。ですから、正しい歯磨きを行うことが大切といえます。

歯磨き粉を変える

知覚過敏の予防は歯磨き粉を変えることも一つとして、挙げられます。普段から使用している歯磨き粉を変えるだけでも、歯が染みるのを防ぐことが可能です。選ぶものとしては、硝酸カリウムが含まれている歯磨き粉がおすすめです。

食生活に気を配る

酸が含まれている、飲食は歯のエナメル質を柔らかくする原因になります。ですから、知覚過敏にならないためにも酸を多く含んでいる炭酸飲料やワインなどは控えるようにしましょう。また、飲食するときもできるだけ、酸が歯に付着しないように心掛けましょう。

定期的に検査を受ける

知覚過敏を予防するなら、定期的に歯科で検査してみるのはどうでしょうか。歯医者に相談することで自身の歯の状態を詳しく知ることができます。また、知覚過敏の治し方から予防までの情報を知ることもできます。

広告募集中